デザインと印刷

2020年面倒な年賀状印刷を代行してくれる特徴別の厳選4サービス

2020年面倒な年賀状印刷を代行してくれる特徴別の厳選4サービス

2019年もあとわずかとなりましたが、師走にやってくる面倒な年中行事の筆頭が「年賀状」ですよね。
「今年こそやめてやる!」と思っていても、結局最後は「しょうがない、出すか」と年賀状の準備を始める方も多いはず。
嫌いな食べ物はさっさと先に食べてしまうに限ります。
面倒な年賀状をパソコン、スマホでぱぱっと作って、お安く印刷してくれる便利サービスをプロのグラフィックデザイナーが4つ厳選してご紹介します。

各サービスの年賀状印刷料金はほとんど変わらないので、その他の特徴で比較検討する

年賀状印刷の場合、特殊な印刷をしたり、高級な用紙を使ったりと特別なオプションを選択しない限り、基本的に印刷料金はどこのサービスも変わりません。
価格競争も激しいので、価格はこれ以上できないレベルまで安くなっています。
11月中は早期割引を行っているので、そのキャンペーンをねらうのも一つでしょう。

価格で差別化ができないので、各社オリジナリティのあるサービスを展開しています。
そのオリジナルサービスの部分を比較して、今年の年賀状印刷サービスを決めるのが良いでしょう。

グラフィックデザイナー歴17年の私が選んだおすすめ年賀状印刷サービスはこちらの4種類です。

①とにかく仕上がりが早い「ふみいろ」

ふみいろ2020

16時までに注文すると翌営業日に発送してくれるというAmazonプライム並の早さが特徴的な「ふみいろ」。
「急いでいるのよ、早く年賀状印刷してちょうだい!」という方には、ぜひともおすすめです。

仕事は速いですが、制作できる年賀状のクオリティも高いです。
フォト、和風、かわいい系、ナチュラル系、クール系、キッズ系、ビジネス用などバラエティ豊かな1000種類以上のデザインが用意されているので、選ぶ方は困ります。

また、宛名の入力ミスがあったり、仕上がり品質に満足いかない場合は、1回限り無料で「再印刷」をしてくれます。
こちらのミスでも無料でやり直してくれるというのは、神サービスとしか言いようがありません。

送料、代引手数料は無料。コンビニ後払いにも対応しているので、クレジットカードなどを持っていない人でも、即注文即受取を実現できます。

専用カスタマーセンターのサポートが手厚いので、パソコンやスマホの使い方、注文の仕方が「ちょっとあやうい」という人も安心ですね。

②写真入り年賀状にこだわわるなら「年賀家族2020」

年賀家族2020

写真を使った年賀状印刷が得意なのが、こちらの年賀家族2020です。
1枚の年賀状に使える写真枚数は、なんと43枚。
結婚報告、出産報告、ペット年賀状など用途別の写真を使った年賀状デザインが豊富なことが特徴です。

最大20デザインまで注文できるので、親戚はこのデザイン、友達はこのデザイン、会社の人はこのデザインなどと分けることができるのは、とても便利。
有料ではありますが、デザインの調整サービスもあり、細かいところまでこだわることも可能です。

使える用紙・はがきは以下の6種類。

写真にこだわりたいなら、年賀はがきではなく私製はがきを選ぶのもあり。
こちらは質感の違う3種類の用紙から選べます。
写真の品質は紙によっても大きく左右されますので、ここはこだわりどころです。

ふみいろと違い、すぐ発送とはいきません。
通常は、注文してから5営業日での出荷となりますので、早めに計画して発注しましょう。

③切り抜き写真でオリジナリティが出せる「笑み年賀」

笑み年賀2020

笑み年賀の最大の特徴は「切り抜き写真」が使えるということ。
「切り抜き写真」とは、我々グラフィックデザイナーが日常的にやっている作業です。
グラフィックソフトを使って、写真に写っている人物や商品をその形にそって切り抜き、余分な画像や背景を削除した写真です。
写真を切り抜くことで、四角い写真ではできない表現やレイアウトが可能になり、見た目も華やかでオリジナリティのある年賀状ができあがるでしょう。

笑み年賀の切り抜き機能

笑み年賀では独自のAIシステムを使い、ワンクリックで人物などの切り抜きができるようになっています。
写真を切り抜くことで、ステッカーやスタンプのような感覚で、年賀状の中に人物や建物、グッズなどを貼り付けられるようになり、年賀状のデザインをすること字体が楽しくなるでしょう。

各デザインに配置された写真は、プロのデザイナーによって色調補正されるので、より完成度は上がります。

宛名印刷は無料でやってくれますが、便利なのはエクセルからの直接コピー&ペーストでOKなところ。
CSVファイルなどを別途書き出して読み込むといった面倒な作業がないので、らくちんです。

支払いの面では、楽天ペイに対応しているのが特徴。楽天スーパーポイントを使って支払いをしたり、逆に年賀状を注文して楽天スーパーポイントを獲得することもできます。

【笑み年賀】
切り抜きMyスタンプが新しい!デザイナーズ年賀状印刷

④業界ナンバー1の安定感。バランス重視の「おたより本舗」

おたより本舗2020

過去4年間のネットでの受注件数が全国1位という老舗ならではの安定感が特徴です。
「いろいろあるけど、まあここなら間違いないか」という定番年賀状印刷ショップですね。

デザインは豊富な1100種類。
全国送料無料で宛名印刷ももちろん無料でやってくれます。
昼12時までの注文で当日出荷可能という早さ。
12月29日まで受付をしているので、「ああ、しまった年賀状印刷してないよ〜」という困ったさんには、ありがたい存在です。

土日祝日も電話サポートを受け付けているので、休日に年賀状を注文しようとして「あれ、わからないぞ、困ったな」という方は、迷わずサポートに連絡しましょう。

まとめ:年賀状印刷サービスは、「あなたが必要としているものは何か?」で選ぶ

特徴別に、年賀状印刷サービスをまとめてみました。
ビビッと来たサービスはありましたか?
年賀状の印刷サービスは、デザイン、料金ともに拮抗していて差別化はなかなかできません。
それが「ああ、どこにしたら良いだろう」と悩んでしまう理由です。

そういう時は、各年賀状印刷サービスの最も特徴的な部分を比較して、自分にとっては何が必要かを考えましょう。
納期の早さか、写真の質か、切り抜き写真のオリジナリティか、老舗の安定感か。

あなたは「何」で、年賀状印刷サービスを選びますか?

紹介したおすすめ年賀状印刷
  1. かんたん・速い・安心の「ふみいろ年賀状2020」
  2. 【年賀家族2020】
  3. 【笑み年賀】
    切り抜きMyスタンプが新しい!デザイナーズ年賀状印刷
  4. 年賀状印刷のおたより本舗