文章とブログとSEO

ブログ初心者は文字数2000文字を目安に継続すれば問題なしの理由

ブログ初心者は文字数2000文字を目安に継続すれば問題なしの理由

ブログの文字数はどのくらいがいいの?【結論】2000文字を目安に書きましょう。

ブログを初めた初心者を筆頭に、迷える子羊たちが陥るのが「ブログ記事は何文字で書くのが正解なの?」問題です。
結論から言うと

この記事の結論
  • 文字数に正解も不正解もない
  • ただ、高品質の記事にするためには文字数は必要
  • なので、2000文字を目安にするのがベスト

となります。

数年前には、「GoogleのSEO対策には、網羅性を高めた大長文が良い」という「長文神話」がもてはやされた時代があり、1万字を越える長ーい記事ばかりが量産されたことがありました。
時は流れ、Googleのアルゴリズム(検索結果を決めるプログラム)やAIの進化などもあったのでしょう。
時代は「読者の役に立つ高品質なコンテンツこそ神」へと移り変わり、今に至ります。

ブログで重要なのは「読者の検索意図に合っていて、その問題を解決できたかどうか」である

ブログ記事で重要なのは、「タイトルとコンテンツで説明された内容が、読者の検索意図に合致し、問題を解決できたか」ということです。
つまり、「30代 女性 プレゼント」という検索ワードでブログにたどり着いた読者さんに、「30代の女性が喜ぶ素敵なプレゼント」について解説や提案を行い、納得してもらえるような記事だったら成功ということになります。

では、そのために必要な文字数はどのくらいなのか?
読者の方は「早く問題を解決できる有益な情報を見つけたい」と思っています。
他人が書いた長ったらしい説明文なんで読んでいる時間はないのです。
「30代 女性 プレゼント」について有益なコンテンツをつくるために、どうしても1万文字必要なら、それは間違いではないと思います。
ただ、2000文字で書いた記事で、読者を満足させられるなら、問題を解決できるなら、2000文字のコンテンツの方が読者にとっても、ブログの書き手にとっても効率的です。

つまり、ブログの文字数なんて、基本的にはどうでも良いのです。
読者の検索意図を満足させ、問題を解決できる高品質の記事であれば、500文字で書かれたコンパクトな記事でも問題はないのです。
とはいえ、一つのテーマについてしっかりと説明をして、読者を満足させるには、それなりの文字数が必要であることは間違いありません。

2000文字を目安にすることで、ブログ初心者の不安を確信に変える!

そこで、私が提案するのは「ブログ記事の文字数は2000文字を目標にしよう」です。
私の経験上、あるテーマについて一通り説明し、結論を提示するために2000文字というのは、十分な文字数です。
やはりブログを始めたばかりの初心者さんなどは、「ああ、いったいブログ記事は何文字書けばいいんだろう?」と不安になるものです。そんな時「目標」があるとやりやすいですし、安心しますよね。
だから、「2000文字」を一つの目安として、どんどん高品質の記事を量産していきましょう。

「2000文字」を目標にしていても、そこまでたどり着かず1800文字で終わってしまったり、逆に書きすぎて3000文字になってしまうこともあるかもしれませんが、それはそれで問題ありません。
2000文字はあくまで目安ですので、多少少なくとも、結構多くなってしまっても気にすることはないのです。

重要なのは何度も言いますが、「タイトルとコンテンツで説明された内容が、読者の検索意図に合致し、問題を解決できたか」ということです。
2000文字書こうが、1万文字書こうが、読者の役に立たなければ「ゴミ記事」と言われても文句は言えませんし、きっとGoogleで上位表示されることもないでしょう。

ここまで書いてだいたい1400文字です。
皆さん、納得していただけたでしょうか?
この記事は役に立ちましたか?

ブログを始めたばかりの時は、誰でも言うことですが「とにかく記事をたくさん書いてみる」ことが重要です。
1記事たったの2000文字で良いのです。
原稿用紙5枚分。
あなたなら、きっと書ける。

最終的には、1658文字でフィニッシュです。