文章とブログとSEO

ブログ初心者のSEO対策【キーワード選定】に専念すべき理由と方法

ブログ初心者のSEO対策【キーワード選定】に専念すべき理由と方法

ブログを運営する上でSEO対策は切っても切れない腐れ縁です。
SEO対策で検索するといろいろな情報が出てくると思いますが、訳がわからないという人も多いでしょう。だから、そういう「わからないもの」は一旦、置いといて。
ブログを始めたばかりの初心者さんは、とにかく「良質なコンテンツ=記事をたくさんつくる」ことに力を注ぎましょう。
細かいSEOのテクニックなどは、記事がたっぷりたまってからでも十分間に合います。
では、「良質なコンテンツ=記事をつくる」ために何をしたら良いか、結論は「キーワード選定をしっかりやろう」です。

キーワード選定をしっかり行うことで高品質の記事が書ける→SEO対策につながる

SEO対策というのはGoogleで検索した時に、自分のブログやホームページをなるべく検索結果の上の方に表示させるための工夫のことです。
基本的に、Googleがどうやって検索順位を決めているのかは誰にもわかりませんので、皆さんあれこれ工夫をしながら「これが正解かな?こっちかな?」と暗中模索を続けています。

そんな中、これだけは間違いないと断定できるのが「Googleはユーザーにとって有益な、高品質の記事=コンテンツを高評価する」ということです。
ならば、まずは「高品質の記事=コンテンツ」をつくることが先決ですよね。
そのために必要なのが「キーワード選定」です。

「30代 女性 プレゼント」というキーワードがあります。
ここから妄想を膨らましていくと、「30代の女性にプレゼントを渡したいと思っている人が、どんなプレゼントが良いかネットの意見を聞きたい、おすすめ商品を知りたいと思って検索した」という人物像と検索意図が浮かび上がります。
それが、女性に愛を告白したい男性なのか、年下の女性にプレゼントをしたい60代のおばさまなのかによって記事の内容は変わってきますが、検索意図さえ分かれば、それを満たしてあげられる内容の記事を作成すれば良いのです。

SEO対策で重要なキーワードはブログ記事を書くための道標。そのポイントは「ライバルの少ないお宝キーワードを見つける」こと。

「キーワード」は、ブログにとって記事を書くための道標であると同時に、SEO対策のための重要な鍵でもあります。
ポイントは

キーワード選定のポイント
  1. ビッグワードは避けて、ライバルの少ない複合キーワードを狙う
  2. 関連キーワードをたどってお宝を見つける
  3. 「ずらし」のテクニックて使えるキーワードを作り出す

です。

①ビッグワードは避けて、ライバルの少ない複合キーワードを狙う

検索数の多いビッグワードは、ライバルも多く強大なため、そこに勝つのは至難の業です。
ライバルの少ない「お宝キーワード」を探し、そこで良質な記事を書きアクセスを集めていくことが、記事の評価、ブログ全体の価値を高めることが可能になります。

②サジェストキーワードをたどってお宝を見つける

Googleで検索をすると、下に検索したキーワードに対応した「◯◯に関連するキーワード」が表示されます。

ブログのキーワード選定に使える関連キーワードそのキーワードをたどって、記事が書けそうな3〜4語の複合キーワードを見つけ出しましょう。
良さそうなキーワード見つけたら、実際にそのワードで検索をしてみます。
そこで出てきた検索結果の上位5記事をさらっと眺めてみましょう。
検索一位に、公式ブログや独自ドメイン&ワードプレスで作られたブログではなく、アメーバブログやはてなブログなどの無料ブログが表示されたら、そのキーワードは「狙い目」です。

また、上位5つの記事を読んで「内容がたいしたことない」「自分の方が違う切り口でもっと良い記事が書ける」と思えたら、勝負して問題ないと思います。

ちなみに、通常のブラウザで検索してしまうと、使用者の検索結果などに影響を受けてしまうので、必ず「Google Chromeのシークレットモード」で作業をしましょう。

SEO対策・ブログのキーワード検索にはシークレットモードを使う

③「ずらし」のテクニックで使えるキーワードを作り出す

関連キーワードをたどるだけでは、良いキーワードが見つからないこともあります。
その時は、「キーワードのずらしテクニック」を利用しましょう。

主なずらしのテクニック
  1. カテゴリーを限定する
  2. 別の言葉に置き換える
  3. 悩みや欲望を付け加える

「カテゴリーを限定する」というのは、「中華 ランチ 新宿」のように、範囲を限定する手法です。範囲を狭めることで検索ボリュームは減少しますが、テーマがより具体的になり、記事も書きやすくなります。

「別の言葉に置き換える」は、例えば「一戸建て 間取り」というキーワードを「一軒家 間取り」にする手法です。あるキーワードではライバルが多くても、同じ意味の言葉にすると結果が変わるということはよくあります。

「悩みや欲望を付け加える」は「40代 ダイエット」というキーワードにプラスして「難しい」「始めたい」などの悩みや◯◯したいという欲望を表現する言葉を付け加える手法です。
インターネット検索の多くは「悩みや問題を解決したい」という目的がありますので、この手法も有効的です。

キーワードをしっかり選定することで、初心者でもブログ記事が書きやすくなる

良さそうなキーワードが見つかれば、そのテーマに沿って、「読者の検索意図に寄り添いつつ、問題や悩みを解決できる良質な記事」を書き上げれば良いのです。

キーワード選定がしっかりできれば、記事を書く明確な道筋が立てられるので、初心者の方でもブログ記事が書きやすくなります。
ぜひ、お試しください。