ホームページ作成

ページ概要、記入してます?要確認すべきJimdoの必須SEO対策

ページ概要をしっかり記入してますか?【Jimdo SEO対策】

JimdoCafe太田の店長として、日々「Jimdoウォッチング」(Jimdoで作られたホームページを勝手に見て回る行為。合法)をしていると、Jimdoでホームページをしっかりと自作しているのに、「ああ、もったいないなあ」という人が結構います。

何がもったいないかというと、JimdoのSEO対策(あなたのホームページができるだけ検索結果の上の方に表示されるためのテクニック)として重要な「ページ概要」を記入していないからです。

なぜ「ページ概要」はSEO対策にとって重要なのか、そしてどうやったら「ページ概要」をうまく書くことができるのか。そのポイントについてご説明します。

ページ概要は、あるキーワードで検索をした人に、あなたのホームページをクリックしてもらう(選んでもらう)ために重要。

「ページ概要」はWEB制作の専門用語では「ディスクリプション」と言います。

意味はその名の通り「ページ概要」、つまりそのページにどんなことが書いてあるのかを「簡単に説明する」のが目的です。

例えば「草津 温泉 かけ流し」というキーワードで検索します。

Jimdo ページ概要の説明

「草津 温泉 かけ流し」というキーワードに関連するページがずらりと出てきますが、青文字のタイトル、緑文字のURLの下にある黒文字の文章が「ページ概要=ディスクリプション」です。

よく見るとキーワードになっている「草津 温泉 かけ流し」の文字が太文字になっているのがわかると思います。

ぶっちゃけた話、このページ概要は「Googleがページの検索順位を決める上では参考にはされない」ことが分かっています。つまり、「検索結果には何の影響もない」ということになります。

しかし、検索をした人間は、このページ概要を読んで、「このホームページには私が求めている情報がありそうだぞ、いや関係なさそうだぞ」といった判断をします。

つまり、「ページ概要」の内容を読んで、そのホームページを見るかどうかを決めているということになります。

このように「ページ概要=ディスクリプション」は、Google=コンピューターのロボットではなく、ホームページを見ている人=人間の判断に大きな影響を与えているのです。

専門用語で言えば、検索結果のクリック率(検索結果が表示され、どれだけの人にクリックされたか)に大きく関わってくるということになります。

Jimdoでページ概要を記入する方法とポイント【キーワードを入れて100文字程度でコンパクトに説明する】

ページ概要は、各ページに一つ設定ができますので、存在しているページ全てに対して、個別の内容で記入する必要があります(有料版のみ。フリー版はホームページ全体で一つしかページ概要を設定できません)。

Jimdoにログインしたら、左上の

Jimdo管理メニューに移動

「管理メニュー」を開きます。

jimdo パフォーマンス

出てきたメニューから「パフォーマンス」をクリック。

JimdoのSEO対策

さらに「SEO」をクリックすると、ページ概要の入力画面が出てきます。

Jimdo ページ概要の入力方法

このページ概要の欄に、ページを説明する内容を入力します。

守るべきルールは2つあります。

Jimdoのページ概要基本ルール
  1. キーワードを必ずすべて入れる
  2. 100文字程度の文章にする

そのページで設定しているキーワードはすべて文章の中に入れるようにします。

そして、文字数は100文字程度でコンパクトにまとめます。あまりに長すぎると、検索結果のページに入り切らず途中で省略されてしまいます。それに、あれこれ説明をしすぎても、読まれません。

「このページはこんな内容を説明しています」ということが、わかりやすくコンパクトに書いてあるものが、検索をしている人にとって一番参考になりやすいのです。

ページ概要を入力すると、下に「Googleで実際に検索された際の表示プレビュー」が表示されますので、違和感がないよう調整しましょう。

JimdoSEo対策 Googleで検索されたときのプレビューこの作業をページが存在するだけ繰り返します。

各ページでオリジナルの文章を考えるのはなかなか大変だと思いますが、「ああ、面倒だ」とすべてのページを同じ内容にしては効果が期待できませんので、しっかり考えて、それから記入しましょう。

まとめ:ページ概要はJimdoで基本のSEO対策。しっかり記入して、「クリックしてもらえるホームページ」を作ろう

このように、非常に地味な存在ながら、Jimdono「ページ概要」はSEO対策という点で重要な役割を果たしています。

「そんな機能があるなんて知らなかった」という方もいるかも知れませんが、ページ概要は誰でも出来て、確実にホームページの完成度を高められる作業ですので、ぬかりなく記入をお願いいたします。