ホームページ作成

無料ホームページ作成Jimdo(ジンドゥー)の特徴は選べる2タイプ

Jimdoの特徴

Jimdoは無料で使えるホームページ作成サービス

JimdoCafe 太田の店長カヤマナオがプロデュースする噂のジンドゥーブログ。今回も始まります。

仕事や趣味などでホームページを作りたい。
しかし、制作会社に依頼をすると当然お金がかかる(群馬県の場合でいうと、一般的な中小企業ホームページの場合、一式30〜50万程度が相場である。東京など大都会であれば、当然その費用も高くなる)。

ならば、自分で作ろうと考えるのは、悪いアイデアではないです。
ただ、素人が簡単にできるほどホームページ制作は甘くないのが現実ですが、便利なツールを賢く使えば、素人でもホームページを作ることはできる!

なかでもおすすめなホームページ作成サービスといえば、やはりJimdo(ジンドゥー)
です。

ジンドゥー

仕事としてJimdo(ジンドゥー)を使ったホームページ作成も行っている本職のクリエイターである私が言うのだから、信用してみる価値はありますよ。

Jimdo(ジンドゥー)は高機能なのに無料から使える

Jimdo(ジンドゥー)の特徴としては、まず無料で使えるという点にあるでしょう。

もちろん、より機能が充実した有料版を使うにこしたことはないが、無料版でも基本的な機能や見た目はまったく同じであり、見栄えのよいホームページができることには変わりないです。
趣味のホームページなどはもちろん、使いようによってはビジネスでもまったく問題なく活用できて、もちろん集客や宣伝の役にも立ちます。

Jimdo(ジンドゥー)は高機能なのに、ものすごく簡単である

Jimdo(ジンドゥー)のもう一つの大きな特徴としては、ホームページ制作作業がものすごーく簡単であるということでしょう。

文章、画像、などページに加えたい要素があらかじめ設定してあり、好きな要素(コンテンツ)を選んで追加していくことで、ページができあがるという仕組み。
作業自体はワードやエクセルなどと対して変わらない。使う文章や写真などの素材を用意しておけば、すぐにでもホームページ作成が始められます。

ホームページは基本的に「文章と写真」で構成されているので、その二つの要素を見栄えよく、見やすく、わかりやすくレイアウトしてあげれば、難しいデザインやテクニックなど気にすることなく、ホームページは完成します
スマホがネット閲覧の主流になり、その流れはより顕著になったといえるでしょう。

Jimdo(ジンドゥー)の選べる2タイプ。AIお任せタイプ、またはカスタマイズ自由タイプ。

Jimdo(ジンドゥー)には、ホームページの作り方が違う二つのタイプが用意されています。

①AIビルダーは、質問に答えると人工知能がホームページを作ってくれる

こちらは「とにかく簡単に見栄えのよいホームページをつくりたい」という人向けのプランである。

コンピューター、つまりAIが人間の希望に応じて、ホームページを自動で作ってくれる。
もちろん、作ってくれるのは「ある程度」までで、自分でコンテンツを入れ込むなど作業は必要であれば、より簡単にシンプルに制作ができるような作りになっているので、よっぽどのパソコン・ホームページおんちでない限り、まともなホームページができあがることでしょう。
その意味で「難易度は低い」といえます。
レスポンシブデザインなので、パソコンでもタブレットでもスマホでも、しっかり専用のページを自動で用意してくれるのは、便利の一言ですね。

料金は

の3種類があります。
有料プランであれば、ドメインが初年度無料で利用できます。(二年目以降は1620円/年)

ジンドゥーAIビルダーの料金

注意したいのは、PLAYからSTART、STARTからGLOWといったアップグレードは可能ですが、AIビルダーから、もう一つのプランである「クリエイター」に変更することはできない点です。

②ジンドゥークリエイターはカスタマイズし放題の自由度がウリ!

こちらは、「ホームページをカスタマイズして、いろいろやってみたいし、ページもたくさん作りたいぜ!」というやる気満々な方用のプランです。

CMS=コンテンツマネージメントシステムを利用して、ホームページを作成。HTMLなどのプログラミング言語を使用して、細かいカスタマイズをすることも可能です。
現在、ホームページを作るシステムとして主流であるワードプレスと同じ、CMSですが、ワードプレスより管理が楽で、扱い方も簡単です。HTMLなど、WEB制作の専門知識も基本的には入りません。

プランは3つ

趣味やサブサイトなどであれば、無料版でも十分。ビジネス用であれば、独自ドメインが使えるプロを使うのがベストでしょう。

ジンドゥークリエイターの料金

プロとビジネスの違いでポイントとなるのは、容量とネットショップの商品点数。
ビジネスはサーバーの容量が無制限なので、たくさんページがあったり、写真などを使うような大規模サイトでも対応可能。また、プロはネットショップの取り扱える商品数が15個であるのに対し、ビジネスは無制限で、かつクーポンなどが発行できる便利機能もあります。
なので、Jimdo(ジンドゥー)でネットショップをやりたいという人には、ビジネスがおすすめですね。

Jimdo(ジンドゥー)は、無料から使えて、お試しにも。中小企業、個人事業種、士業、教育系にもベストマッチ

Jimdo(ジンドゥー)は無料版でも、有料版とほとんど同じ機能が使えるので「まずは無料版でお試し利用」も気軽にできます。ホームページにそれほど予算をかけられない中小企業や、ホームページの維持費を安くしたり、レスポンシブを早くしたい個人事業、士業、商店、飲食店などにも最適と言えるでしょう。

私はJimdo(ジンドゥー)を使ったホームページの制作を承ることも多いですが、やはりメインは中小企業、士業、保育園など教育機関といった皆様。
ホームページを作りたいけど、そんなにたくさん予算は出せないし、できれば自分たちで運営をしていきたい。
そんな迷えるホームページ難民たちにとって、希望の光となっているのがJimdo(ジンドゥー)です。

ありがたや、ありがたや。

Jimdo(ジンドゥー)がホームページ素人にも優しい理由
  1. メールサポートが充実
  2. サポートページが充実
  3. Jimdo(ジンドゥー)カフェなど、手取り足取り教えてくれるサポーターがいる
  4. ユーザー170万人なので、情報が多い

ちなみに、私はJimdoCafe 太田を運営しています。北関東に3つしかない貴重なJimdo(ジンドゥー)Cafeですが、以外と遠くのお客様からご利用をいただいており(もっとも遠くだったのは新潟県魚沼市)、Jimdo(ジンドゥー)のユーザーの幅広さを実感する毎日です。

jimdocafe太田

まとめ:Jimdoは「自分でホームページを作りたい」個人・中小企業にはうってつけのサービス

専門知識のない素人さんがホームページを作るためには、

  • まずシステムが簡単でわかりやすい
  • 困った時に質問したり、情報を得やすい

この2点が非常に重要です。

Jimdo(ジンドゥー)の場合、簡単にホームページができるように工夫された制作システム自体が非常にわかりやすく、出来がよいと思います。
かつ、Jimdo(ジンドゥー)本体はもちろん、全国のJimdo(ジンドゥー)利用者からも様々な情報が集まってくるので、わからないことでもすぐ解決できるような「流れ」ができあがっているのが強みでしょう。

まずは無料で使ってみて、そのホームページ作り心地を体感してみるのも良いです。

ただ、ビジネス用途で利用するなら、必ず有料版(スタート、もしくはプロ)にアップグレードすることをおすすめします。
やはり、ビジネスである以上、ホームページは独自ドメインで運用するべきであるし、SEO対策の面でも有料版は有利。それに、やはり有料版にしかない機能(ページのコピーなど)は魅力的です。
年間15000円程度で、これだけの豊富な機能を活用してホームページが運営できるのだから、激安であると言えるでしょう。

Jimdoの2つのプラン。AIビルダーとクリエイターの違いについて、さらに詳しく知りたいという場合は、こちらの記事を御覧ください。マドモアゼル。