ホームページ作成

【ペライチの特徴】ランディングページが得意な無料ホームページ作成

【ペライチの特徴】ランディングページが得意な無料ホームページ作成

1枚もののランディングページなど、少ないページ数のホームページが得意なペライチ

専門知識がなくても簡単にホームページがつくれるサービスの中でも異彩を放っているのが「ペライチ」です。
名前の通り「一枚もののホームページ=ランディングページ」を簡単に作れることが大きな特徴です。

ペライチのトップページ

参照:ペライチ公式ホームページ

ペライチの特徴
  1. 1枚もののランディングページが作れる
  2. 無料プランもある
  3. ネット広告と組み合わせて、商品の販売もできる
  4. 有料プランでもページ数に上限(10ページ)がある

Google広告やファイスブック広告、SNSと組み合わせることでサービスや商品の販売・申込み促進に役立つ。

1ページしかなく、縦に長いホームページのことを「ランディングページ」ということがあります。
たとえば「青汁」と検索してください。
ランキングの上位にたくさん「青汁を販売するサイト」が出てくると思います。このページの多くがランディングページです。
つまり、「青汁を買いたい人」はそのランディングページをクリックし、上から順番にその青汁の効能や素晴らしさが書かれたページを見ていきます。そして最後に青汁購入ボタンがあり、皆さんついついそれを押して、青汁を買ってしまう。
これがランディングページの基本構造です。

縦に長いページで商品やサービスについて詳しく説明し、最後に申し込みや問い合わせ、購入につなげる。
そういったページを作りたい場合にペライチは役に立つでしょう。

商品の販売などの場合は、GoogleやYahoo!のネット広告、フェイスブック広告などSNSの広告を使って、ランディングページに誘導することが多いです。

ペライチの決済サービス

ペライチは、月額1000円の使用料と売上げの3.5%の手数料で、決済オプションをホームページに埋め込むことができます

手軽に、かつ初期投資が少なくネット販売を始めることができるので、ジンドゥーやグーぺで本体のホームページを作っておいて、販売だけペライチという使い方もできるでしょう。

ペライチでできることはジンドゥーでもできる。ページ数の少なさがネック

ペライチは、縦にコンテンツが延びていく分にはいくらでも長くできます(ジンドゥーの場合は、1ページに200コンテンツと決まっている)。
しかし、あまりにも縦に長いページは、特にスマホで見ている人には敬遠され、ページ離脱の原因になるので避けた方が無難です。

ペライチできることは、ほとんどジンドゥーでも実現できます。
ジンドゥーは、無料版でもページ数制限なし。
ペライチは年額30396円のビジネスプランでさえ、作れるページ数は最高で10ページです。

「どうせページ数は少ないから」とペライチでホームページを始めてみたものの、実際は細かいページがたくさん必要になって困ってしまうというのでは、意味がありません。

ある程度のページ数が必要なホームページ、これからページが増える予定があるホームページの場合は、迷わずジンドゥーかグーぺを利用することをおすすめします。

代わりに、広告やSNSと組み合わせたランディングページや1枚もののサブページを作りたいという場合には、ペライチが役に立つでしょう。

私のクライアントに新潟県で整体院をやっていらっしゃる方がいます。彼は、整体院本体のホームページはジンドゥーで、腰痛専門の治療やサービスについてはペライチで、と上手に使い分けをされていました。

問い合わせフォームが使えるライトプランがベストチョイス

ペライチの料金プラン

無料版もありますが、しっかりとホームページとして結果を出したいなら、問い合わせフォームがつかえるライトプランがベスト

ペライチは無料プランがありますが、問い合わせフォームが使えません。
ホームページで問い合わせフォームがないと、せっかくお客様とつながれる機会が一つ失われてしますので痛いところです。

フォームの代わりに、SNSやメールアドレスに直接送信してもらうといった手もありますが、ここはやはり問い合わせフォーム機能が使えるライトプラン(年額9999円)を利用するのがベストでしょう。

ペライチで実際に作られたページを見てみると…ちょっと不安

ペライチの利用者としてメンタリストとして活躍しているDaiGoさんの公式ホームページが紹介されていますが、正直なところ「イマイチ」です(ホームページがイマイチなのであって、DaiGoさんは素晴らしいスペシャリストだと思います)。

実際に見ていただければわかりますが、デザインやコンテンツはもちろん「ペライチでつくることのメリット」が特に感じられないのは残念です。

→ペライチで作られたメンタリストDaiGoさんのホームページ

【結論】ジンドゥーかペライチか迷ったら、制作のしやすさで選ぶ

とりあえず無料版で利用したいという場合、グーぺは選択肢から外れ、ジンドゥーかペライチかということになります。
ページ数は少なくてよいということであれば、どちらを選択することもできますので、その際は、「ホームページ制作がやりやすい方を選び」のが良いでしょう。

ジンドゥーもペライチも直感的にページ制作ができるようにはなっていますが、それぞれ独特のくせがあります。
自分にはどちらが合っているかを見定めてから、どのサービスを選ぶか考えると良いでしょう。
ペライチの場合、無料で30日間「レギュラープラン/月額1980円」の機能をすべて試すことができますので、まずは無料登録をして使ってみるのが得策です。